埼玉県和光市の及川社会保険労務士事務所

法改正のための就業規則の見直しはお済みですか?correction-rule

いよいよ。2019年4月に改正された労働基準法が施行されます。
法律が変わると、それに応じた就業規則の変更が必要になりますが、皆様の会社では対応が終わっていますか?
まだ終わっていない!!という会社さんはお早めに見直しをしてください。
法律の内容に則していない就業規則は、全くの無意味です!!
この機会に見直しをしましょう!!

法律に則していないとどんな問題が?

労働基準法では、法律の基準に届いてない部分はその部分が無効になり、無効になった部分は就業規則の基準が適用されるとなっています。
さらに今回の法改正のように前もって会社として対応方法を考え、事前に従業員の同意を得なければいけないことも、できなくなり、従業員とのトラブルの原因になってしまいます。

また、社会一般の常識を考えて、法律に沿っていない内容を規定したままの会社は
人事労務に無関心で、ブラックなのでは?と考えられがちなので、求人などで人が集まりづらくなり
さらに、離職率も高くなるため、人手不足が深刻な現在では、倒産してしまうことも珍しくありません。

就業規則を変えるなんてコピペでいいのでは?

今でも、就業規則の作成の際にコピペ(コピーアンドペースト)でつくってるんだから安くできるでしょ?といわれるようなことがあります。
手間をかけずに、コピペで変更をするような方がいらっしゃるのかもしれませんが、それが正しいとは私は思いません。

例えば今回の法改正で「有給休暇の取得義務化」などがあります。
これに対応するためには、“会社が従業員から希望をヒアリングし、それに合った日に有給の日時を会社が決める”と言うような条文を就業規則にコピペしたりするのではないでしょうか?
簡単に修正するにはそれでいいかもしれませんが、恐らくこの決め方では会社の負担が増え、かつ年度末までに有給休暇を取得していない従業員が多く、とらせることができない!!となるでしょう。

そのようにならないように、私は以下の順番で作成します。

1、実際の職場で実現可能な方法を考える。
2、会社の方々に落とし込み、実現可能かを考察する。
3、実現可能な規則を文章に起こし、就業規則に加筆する。

この様にすることで、全く使えない規則ではなく、実行可能で会社のためにも従業員さんのためにもなる規則を作ります。

これは、コピペで就業規則を作成、修正している方には絶対に真似できないと思います。

就業規則の見直しと、かかる費用と時間は?

これは今現在の就業規則がどのようなものかによって差が出てきます。
全くない場合は、1ヶ月から2ヶ月程度いただき、20万円~の報酬をいただきます。
今ある就業規則を変更する場合は、早ければ1、2週間で、お値段も3万円~となることが多いです。

これは正直、今の御社の就業規則を確認させていただけないとなんとも言えないことです。
ですので、私は就業規則の診断とお見積りを無料でさせていただきます。
ぜひ、就業規則の変更や作成をお考えの方は無料診断をご利用ください。

最後に

ここまで大々的に労働基準法が変更することはまれです。
だからこそ、対応するための規則作成も手間がかかってしまいます。
それでも、御社のこれからの営業活動に書かせないものではあります。
そんな就業規則をこの機械に見直してい見てください。

現在、就業規則の無料診断キャンペーンを開催しております。
ぜひ、ご利用ください!!

お問い合わせはこちらから
トップページへ戻る

お問い合わせ
048-464-3390
(受付/平日9:00~19:00)

メニュー

ページトップへ