埼玉県和光市の及川社会保険労務士事務所

西日本鉄道事件disciplinary-action-3

(最2小判昭和43年8月2日)

就業規則に規定されている所持品検査に従わないことは、懲戒解雇事由に該当するのか?

【概要】
 XはY社にて運転手としての業務についていた。
Y社では乗務員による乗車賃の横領などを摘発・防止する為に就業規則に「社員が業務の正常な秩序維持の為そ
の所持品の検査を求められた時は、これを拒んではならない。」という規定を作り、検査を行ってきた。
しかし、ある日の所持品検査において、Xは帽子とポケット内の検査は受けたが、靴の中の検査を「靴は所持
品ではないので、本人の諸諾が無ければ検査できないはずだ。」と主張し、応じなかった。
そこで、Y社はXの行為は就業規則に定める「職務上の指示に不当に反抗し、職場の秩序をみだした」という
懲戒事由に該当するとして、懲戒解雇処分にした。
これを不服にしたXは解雇無効確認を求めて訴えをおこした。

【判旨】
 使用者が従業員に対して行う、金品の不正隠匿の摘発・防止のための“所持品検査”は、つねに人権侵害のお
それを伴うものである。たとえ同種の企業で多く行われていても法令にそった所定の手続きを経ていて、
労働組合や従業員の過半数代表が承認していても、当然に適法視されることはない。問題はその検査方法ない
し程度であって、所持品検査は、これを必要とする合理的な理由に基づいて一般的に妥当な方法と程度で、
しかも制度として、臨時従業員に対して画一的に実施されるものでなければならない。
そして、所持品検査が、就業規則その他、明示の根拠に基づいて行われる時は、ほかにそれに代わるべき措置
をとりうる余地が絶無でないとしても、従業員は個別的な場合にその方法や程度が妥当を欠く等、特段の事情
がないかぎり、検査を受忍すべき義務がある。

【解説】
 従業員の所持品検査を義務付けている企業も少なくないと思います。
及川も小売業の会社で勤務していましたが、店舗から外に出る際、従業員出入り口で警備員さんに手荷物の
チェックをされていました。
店舗から勝手に商品を持ちだしたりしないようにという対応ですが、実はかなり気を付けなければいけないポイ
ントが多い行為です。
会社から見れば至極当たり前のことですし「やましいことが無ければ素直に見せられるだろう」と考えるかと
思いますが、従業員とはいえ個人の所有物を強制的に検査するという行為は“基本的人権の侵害”や“プライバ
シー権の侵害”等に抵触してしまう可能性があります。
今回の判例でも、結果的に見れば懲戒解雇自体は認められていますが、会社にとって必要で効果的なもので
あったとしても、就業規則の条項に基づいたものであったとしても、同業他社が当たり前に行っていても、
労働組合や従業員代表が同意していたとしても当然に適法とは言えないと言っています。
“所持品検査”を正当化するには検査の方法と程度が重要で、“所持品検査”をする合理的な理由があり、適正な
方法で全員に一律で行い、検査を行うことを就業規則に定め、これを根拠に検査を行う時は原則的に従業員に
は検査を受ける義務が発生すると考えられています。
法的に見て、なかなか難しい問題を含んだものですが、行為としては当然なものですので、実施を義務付ける
場合はこのような判例をもとに、適法になるようにルールをしっかりと作ってください。
また何よりも、従業員にしっかりと説明をし理解を求めることがトラブルを回避する為の一番効果的な対策
だと及川は考えています。
不満や理不尽があまり出ないようなルールを作ってください。

判例集へもどる
トップページへもどる

お問い合わせ
048-464-3390
(受付/平日9:00~19:00)

メニュー

ページトップへ