埼玉県和光市の及川社会保険労務士事務所

無期転換の準備はできていますか?indefinite-contract

無期転換とはなんでしょう?

無期転換という言葉を聞いたことはありますか?
これは労働契約法が改正され、平成25年4月1日以降に開始された有期労働契約が対象となる新しいルールです。
有期労働契約というと、簡単に言うとパートさんやアルバイトさん、契約社員さんといった正社員以外が関わってくるような契約で
『○○ヶ月契約です。』となっている様な契約の事をさします。
この契約が無期限の契約となるという事は、つまり期間の定めがなくなるルールです。
次で簡単に要項をご案内しますが、法律が変わってから平成30年4月1日を超えて雇われ続けている方が対象となります。
そのような方がいらっしゃる会社さまは対応が必要になる場合がありますので確認をしてみてください。

条件は2つです!!

無期転換が適用されるルールは簡単に言うと次の2つです。
・有期の契約が反復更新され通算5年を超える。
・労働者から申し込まれる。

以上の2つが満たされると、無期転換が必要になってきます。
もし、御社にこのような方がいらっしゃる場合は、申し込まれた際の対応を考えておいてください。

無期転換を拒否することはできません!!

この無期転換のルールを適用させないためにいくつか対策をしている会社もあるようですが、基本的には会社は拒否できません。
同じような法律で派遣労働者の法律があるのですが、こちらでは仕事の内容を変えれば期間がリセットされますが、無期転換では適応されません。
また、期間を少し開けたところでリセットされません。
(クーリング期間といってリセットされる期間は最低6か月必要です)
今、無期転換に対する準備をしてる場合、それが本当に使い物になるのかを一度確認をしてみてください。

無期転換の危険性

無期転換にはいくつかの危険性があります。
その中で最も大きいものが、無期転換をしたら正社員と同じ条件になってしまう可能性があります。
これは、就業規則の変更や作成が不十分の場合に起きてしまうトラブルかと思います。
御社の就業規則を確認してみてください。
正社員の条件が、期間の定めのない者を正社員とすると規定していませんか?
この様に決めている就業規則を運用すると、無期転換(期間の定めのない契約)すると、正社員になると読めてしまいます。
その他にも、記載方法でいろいろと問題が発生する可能性があります。
もし、就業規則に不安がある方はこちらの就業規則の作成方法を確認し、分からないことはお早目にお問い合わせください。
上記のような記載があるだけで、正社員化するとはならないと思いますが
無駄な争いは起こさない方が会社のためです。
必ず、確認をしてください!!!

具体的にしなければいけないことは?

無期転換に向けてしなければいけないことは、具体的には従業員への説明と就業規則の改定です。
無期に転換してほしくないから説明しないという話も聞きますが、それでは対策にはなりません。
会社がそのように言っても法律の効力を無くすことはできませんし、よりトラブルを大きくしかねません。
しっかりと従業員に説明をし誤解が無いようにしましょう。

次に就業規則の改定ですが、無期になった方たちの条件やルールを明確にすることで、無用なトラブルを防止します。
こちらもしっかりと対応しておかないと、大きな出費につながってしまいます。

もう時間はありませんが、どちらもしっかりと対応が必要です。

ご相談はお早目に!!

もう無期転換の権利を得る方が出てくるまで時間がありません。
もし、今の御社が対応の準備をしていないのであれば一日でも早くご連絡をください。
対応が遅れてしまい、従業員さんとの無用なトラブルになるまえにご対応させていただきます。

まずはこちらからお問い合わせください!!

最後に・・・

間もなく、無期転換ルールの最初の対象者が生まれます。
判例が出ているわけではありませんので、司法が判断する場合、どのように判断するかはまだわかっていません。
つまり、対応方法もしっかり確立されていません。だからこそ、不安の芽は1つずつしっかりとつぶしていき、問題の無いよう無期転換ルール対応を迎えましょう。
しっかりと準備を行えば怖いものではありませんし、これから人手不足が加速すると思われる今、従業員を確保できるのは大事な施策でもあるので、避けることを考えるのと同じくらい有効活用できるように準備をしてください。
最近は人手不足になりつつあります。新しく求人を出すにしても、いい人が集まらない。または、全く人が集まらないという場合もありますので、今いる従業員さんの待遇を改善し、もっとより良いパフォーマンスを発揮してもらう方が会社にとって有利になる場合も十分に考えられます。
御社にとって有用な人財の確保と、トラブル回避のために一度対応を考えてみてください。

不安や心配がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
専門家としてお待ちしております。

トップページへ戻る

お問い合わせ
048-464-3390
(受付/平日9:00~19:00)

メニュー

ページトップへ