埼玉県和光市の及川社会保険労務士事務所

社労士は必要なのか?necessity

社労士(社会保険労務士)と顧問契約をしている、または困った時に相談できる社労士はいますか?
ほとんどの社長さんは社労士と契約を結んでいないと思います。
大半の会社が契約をしていない社労士は必要なのでしょうか?
こちらのページもよく見られています。
・社会保険労務士の仕事は?
・失敗しない社会保険労務士の選び方

社労士はどんなことができるのか?

社労士はヒトの専門家です。
会社で社員を雇うと法律で決められた社会保険の手続きをする必要が出てきます。
さらに、労働基準法を守り、法律に沿った会社のルールを作らなければいけません。
社労士は、労働基準法や社会保険の手続に精通しているので、手続きに間違いがなく
さらに、法律に則った会社のルールを作れます。
その他にも、人事労務管理に詳しく、社員のモラル(士気)を高め、生産性の向上などをすることができます。

この様に、社員についての様々なことを請け負い、会社にプラスをもたらせます。

なぜ、社労士と契約をしない会社が多いのか?

これは、会社によって考え方が違ってくるかと思います。
最も多いのは必要性を感じないからではないでしょうか?

税理士の専門分野のように毎月、必ず必要になったりはせず、給料を支払っている社員から文句を言われることが少なく、トラブルに発展することも少ないと考え、必要性を感じないかと思います。
さらに従業員数の多い会社では、専門の部署を用意し、自分たちでできてしまいます。

この様な理由で契約をしないことが多いのではないでしょうか?
私のお客様の中にもお友達の会社の方に、必要ないと言われ、契約を解約した会社もありました。
社労士と契約を結ばないのは、必要性を感じないからだと言えます。

本当に社労士は必要ないのか?

では、本当に必要ないのかというと、そんなことはありません。
本当に必要が無ければ一社も社労士と契約を結ばないでしょう。

社労士と契約する一番のメリットは、“ヒト”に関わることで悩まなくてよくなることです。
会社を経営することは困難で、たくさんの悩みを抱えているかと思いますが、その中でも・・・

・お金のこと
・社員のこと

この2つが圧倒的に多いのではないでしょうか?
この大きな悩みの半分である“ヒト”についてのトラブルや心配事を無くすことができます。
さらに、毎年改正されてしまう労働基準法などの諸法令に対応し、法令順守(コンプライアンス)をすることができます。
加えて、こういった案件に費やす時間を無くし、より有意義に時間を使うことができます。
その上、人事労務管理にも精通しているので、社員のやる気の向上や、生産性を高めることもできます。

さらに、社員の考え方の変化で自らの権利を主張する社員が増えてきています。
権利を主張された時、法令を順守していないと対応することができません。
もしもの時のために、会社を守る専門家は必要です。

この様に社労士は“ヒト”に関することで大きなメリットを会社にもたらすことができます。
多くの中小企業の社長は「うちみたいな中小企業には必要ない」と考えているかもしれませんが
これから成長が期待できる中小企業だからこそ、社労士の持っているノウハウが役に立つのではと考え
様々な社長に提案をさせていただき、同意を頂いています。

最近の傾向

当事務所にお寄せいただいております最近のご相談案件を簡単にご案内いたします。

【有給消化について】
・正社員が辞める際に有給休暇を消化して辞めたいと言っているが、有給消化はしなければならないのか?

【労災の防止案について】
・労災事故が起き、事務所に労働基準監督署から改善の指示が来てしまったが、何をすればいいのか?

【解雇について】
・クレームを起こしたパートを解雇したいんだがどうやったらいいのか?

【試用期間について】

・試用期間は短い方がいい?長い方がいい?

【働き方改革関係について】
・法律が変わったが、何をすればいいのか?

以上の様なご相談を頂いております。
みなさまは、このような悩みに直面したことはありませんか?
こういった案件への対応を提案させていただいたり、対応させていただいております。

これを見ていただいて分かるやもしれませんが、「書類に関するお問い合わせはほとんどありません。」
社労士は労働諸法令に関する書類作成を独占業務としておりますが、書類の書き方を聞かれることはほとんどありません。
書類以外の日頃の従業員の対応や、会社設備の相談など、会社を運営していく中で必要な事柄についてご相談いただき
解決していくことの方が多いです。

私は、会社にとっての社労士の価値は“日々の業務での心配事を解消できる”事だと思っています。
なにか、御心配事がありましたら、お気軽にご相談ください。

最後に・・・

今、御社は社労士と契約を結んでいますか?
また、気軽に相談できる社労士はいますか?
もし、心当たりがないようでしたら一度ご連絡ください。
今、社長が抱えている心配事を一つ解決させていただきます。

社会保険労務士は、働く社員と社長を結ぶ懸け橋になれる専門家だと考えています。
人に関することでお悩みの方は是非お気軽にご相談ください。

また、社会保険労務士をはじめとした、誰かの代理で業務を行う人は(士業など)
そもそもいなくなっても困りません。
自分の会社のことで社長が自分でできないことは何一つありません。
少し調べたり、確認したり、直接出向く時間を作れば、労務も税金も法律もすべて
専門家の力を使わずに解決できます。
ですが私は、社長が会社の営業や経営以外に使う時間は無駄であり、会社をより良くするためには削るべきだと考えています。

時間こそが最も重要な要素であり
それを任せることができる人がいれば、社長はもっと有意義に時間を使えます。
そして、大事な会社のことを任せるのだから、しっかりとした専門家に任せてほしいと思っております。

私は社会保険労務士ですので、税務や登記などはお答えできませんが
人事労務ならば社長のお力になることができます。
今、少しでも社長の大切なお時間を使い人事労務の手続きなどをしている場合は、ご連絡をください。
その時間を削り、会社のために有意義に使える時間を増やすお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせはこちらから
お気軽にご連絡ください。

及川社会保険労務士事務所
及川 俊介

トップページへ戻る

お問い合わせ
048-464-3390
(受付/平日9:00~19:00)

メニュー

ページトップへ