埼玉県和光市の及川社会保険労務士事務所

手続きの疑問~労災~question-2

みなさまの会社で“労災”はありますか?
社会保険労務士をしていて、企業さまの顧問をさせていただいていると、この手続きがかなり多いです。
そして、質問や依頼もスポットで頂くことも多いので今回ページを作成いたしました。

そもそも“労災”って?

“労災”とは“労働者災害補償保険”の略で、業務上の事由、又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行い、あわせて、業務上の事由又は通勤により負傷し、又は疾病にかかった労働者の社会復帰の促進、当該労働者及びその遺族の援護、労働者の安全及び衛生の確保等を図り、もって労働者の福祉の増進に寄与することを目的としているものです。
簡単にいうと、仕事に関連する事で怪我や病気になったら、保険が下りるといったもので、この治療には健康保険が使えません
また、従業員を一人でも雇うと、必ず会社は加入しなければならず、ちゃんと加入していない状態で仕事中に怪我が発生し、労災が必要になった場合、会社に、かかった料金が請求されたりもしてしまいます。
もちろん、病院も“労災”だと分かった場合は健康保険での受診はしてくれないので、隠したりもできません。
従業員を雇用している会社は、必ず加入をしてください。


どのような場合が“労災”になるのか?

仕事中の怪我や病気ならば、すべて“労災”になるのか?
“労災”になるかどうかは業務と災害の間に相当因果関係があるかどうかで、これがないと“労災”とは認められません。
その判断基準は以下の2つで・・・
・業務遂行性(従業員が会社と労働契約を結んでいて、事業主の支配下にあること)
・業務起因性(業務に関連したことで怪我や病気などになった)
これを満たしていないと“労災”とはなりません。
また、通勤中の労災が認められるには
・家と仕事場所との往復であること
・仕事場所から別の仕事場所に移動する事
・赴任先から実家に帰る際の移動など
等の条件が必要になり、さらに中断や逸脱といいた“寄り道した時”の取り扱い方法も決められています。

実際、“労災事故”が発生した際に上に書いた条件に合っているかを判断し、請求書を書くようにしてください。

具体例はどのようなものがあるの?


・労災・通勤災害になるパターン
【ケース1】
製造業を営む会社で働いているAさんは作業中に不注意で手を切ってしまった。
【ケース2】
建設業を営む会社で働いていたBさんは仕事中にトイレに行きたくなったのでトイレに入った、そのトイレの中で足を滑らせ頭を打って怪我をしてしまった。
【ケース3】
Cさんは仕事の帰りに、帰宅途中のスーパーで日用品を買いに寄り、その後帰り道の階段で足を滑らせ怪我をしてしまった。
この様な場合、基本的に労災や通勤災害が適用されます。

・労災・通勤災害にならないパターン
【ケース1】
休憩中に同僚とキャッチボールをしていて、そのボールが頭に当たり怪我をした。
【ケース2】
仕事の帰り道にコーヒーショップにより1時間程度はなしこんだあと帰宅を再開し、その後足を滑らせ怪我をした場合。
この様な場合は、労災や通勤災害は適用されないといわれています。

最後に

労災や通勤災害は、特別な事情がない場合、業務中で起こった事故のほとんどに適用されます。
その分、業種によってはかなりの頻度で発生し、そのたびに請求書を書いたり、報告書を書いたりしなければならないので面倒と感じる場合もあるかと思います。
ですが、働いている従業員さんに不利益を与えないようにしたり、会社として社会的責任を果たす意味でも、しっかりと手続きをするようにしてください。

それでも、面倒だったり、よくわからない場合は、ぜひ専門家である社会保険労務士にご依頼ください。
専門家が書類を書くことで、請求もスムーズに行うことができますし、手間もかなり軽減できます。

なにか分からないことなどありましたら、こちらからお問い合わせください。
ご連絡をお待ちしております。

トップページへ戻る

お問い合わせ
048-464-3390
(受付/平日9:00~19:00)

メニュー

ページトップへ