埼玉県和光市の及川社会保険労務士事務所

会社に都合のいい就業規則とは?regulations-question

会社に都合のいい就業規則とは?

会社に都合のいい就業規則とはどのようなものでしょうか?

・有給をとれないようにしてくれないか?
・やる気のない社員を簡単にクビ(解雇)にできないか?
・休日を取れないようにできないか?

この様に会社にとって有利な文章を入れるものだと思います。
その他にも、普段の業務内で会社の命令を絶対にできないか?
この様な文章を入れると会社にとって都合のいい規則だと言えます。

こういったものを規定し、従業員に守らせることはできるのでしょうか?
結論から言いますと、絶対にできません!!
理由を次に挙げさせていただきます。

就業規則は自由に決められない!!

就業規則は、会社で働く上でのルールを決めるものなので、基本的には会社の自由に作ることができます。
ですが、守らなければならない法律があります。
就業規則は、労働基準法に定めた基準以上のルールしか設定することができません。
そして、労働基準法は労働者のための法律なので、従業員に不利になることは少ないと言えます。

上で挙げた例ですが、有給の取得は労働基準法で認められた労働者の権利なので、取得できないようにはできません。
解雇に関する法律もいくつかあり、それを守る必要がありますし
休日も法律上定められているものなので、取らせないようにはできません。
もちろん、就業規則を作成するのは会社なので、どのような文言でも入れて作成することができますし
労働基準監督署で気づかれずに受理してもらうこともできるかと思います。
ですが、労働基準法の基準に達しない就業規則等は、その部分が無効となり、無効になった部分は労働基準法の基準によるという条文がありますので、トラブルになった際は、全く無意味になります。

以上のような理由で100%会社寄りの就業規則は作成できません。

就業規則は会社にとって負担だけではない!!

就業規則は会社をルールで縛り苦しくなるだけだと考える方もいるやもしれませんが
そんなことはありません。
就業規則は自分の会社で働く条件を明確にし、安心して勤務できる環境を整えるための物です。
様々な条件を前もって定め、従業員とのトラブルを回避する為の物です。
ルールをしっかりと決め、会社の権利を主張するために必要な物です。


しっかりとした就業規則になっていないと上に挙げたようなことはできません。
もしトラブルになってしまった際、会社を守ることも、権利を主張することも難しくなります。
そのような事にならないように、就業規則をしっかりと作成しておくことは会社に大きなメリットだと言えます!

就業規則はどのように作ればいいのか?

就業規則は法律文章の塊で慣れない人はむずかしいと感じるかと思います。
また、専門家でない人間も作成を請け負ったりしているので見極めも難しいと思います。

まずは、当事務所でも公開しております就業規則の作り方を参考にしてみてください。

それでもむずかしいと感じる方は、お気軽にご相談ください。
専門家としてアドバイスや作成の請負をさせていただきます。

最後に・・・

昨今、労働者の権利意識の向上や、インターネットの普及による、知識の収集の容易さで、様々な会社さまでトラブルの火種があるように感じます。
是非、一度、御社のルールを見直し、会社の防衛を考えてみませんか?
新しく規程を作成するだけでない、今ある就業規則の見直しや、危険回避の為の調整などお気軽にお申し付けください。

お問い合わせはこちらから
トップページへ戻る

お問い合わせ
048-464-3390
(受付/平日9:00~19:00)

メニュー

ページトップへ