埼玉県和光市の及川社会保険労務士事務所

雇用調整助成金の注意点subsidy

ここだけはお読みください!!

・雇用調整助成金は会社のための助成金ではありません!!

ネットニュース等で会社の休業補償には雇用調整助成金などがあるから、本当に必要なのか?
というような記事が上がっていました。
この考え方は間違いです!!
雇用調整助成金は、あくまで従業員のための助成金です!!!
ここを勘違いすると、のちのち大きなダメージが会社に返ってきます!

雇用調整助成金は会社の休業補償にはなり得ませんのでご注意ください!!

・助成金お手伝いの営業にご注意ください!

雇用調整助成金はすでに支払った従業員への休業補償の補填となります。
つまり、会社がすでに支払っているマイナス分の補填となります!!
他のことに時間を回すためにお金を支払うのはいいことかもしれませんが、今は会社の休業中などで時間を使うことはできるかと思います。
会社の事務所やお店の家賃など、絶対にマイナスになるものがそこにあるのに、さらにマイナスを大きくするのは得策とは思えません!!
営業された場合は報酬をしっかりと確認をしてください。

雇用調整助成金とはどんな助成金?

雇用調整助成金は、急激な景気の悪化などにより仕事が少なくなり、従業員を休ませたり、会社を休みにすることになった場合、従業員には休業手当を支払う必要が出てきます。
この休業手当を国が補助します。という助成金になります。
会社を休みにしたり、従業員が余ってしまうと、会社は従業員の解雇を考えたりしますが、そこで解雇しないで休業させてくれれば、休業に使ったお金の一部を国が出します。
つまり、従業員の雇用維持を図るための助成金といえます。

雇用調整助成金をもらうために必要ことは?

大きく分けて3つあります。

・事業活動の縮小要件

昨年の同月売り上げが、一定以上減っていることが必要になります。

・休業規模要件

休業の期間が普通に営業している期間の一定以上なければ支給されません。

・休業手当の支給要件

会社の都合で休業手当を支給した場合、その金額が労働基準法で定められたもの以上か?が見られます。
※休業手当は平均賃金の60%以上となります。

以上3つの要件を拗ねてみたし、休業の計画書と雇用調整助成金の申請書を提出することで受給できるかの審査をしてもらえます。

雇用調整助成金の注意点

雇用調整助成金は会社の休業補償のためのものではありません!
従業員の雇用維持のための助成金になります。
なので、絶対に休業手当の支払いが必要になります。
今は、コロナウイルスの緊急事態宣言下であり、会社都合の休業ではないのでは?という議論がありますが、この助成金は雇用維持と従業員の生活の保障のためのものですので、休業手当を支払っていなければ絶対に支給されません!!
また、申請してから、すぐにお金が振り込まれることもありえません!!
通常、申請してからお金が振り込まれるまで6か月かかることもある助成金です。
この緊急事態の状況下で急ぐよう通達が出ていると思いますが、どんなに早くても1~2か月はかかってくるはずです。
休業した従業員の給与は会社が立て替える必要があり、一時的に会社のキャッシュフローを悪化することにはなるかと思います。
そちらは十分に考慮いただき、休業手当の金額などもお考え下さい。

雇用調整助成金の注意点2

雇用調整助成金は休業手当を支払った際の割合にて金額が変わります。
休業手当は平均賃金の60%を支払えば法律上は問題なくなります。
このパーセンテージによって実際会社に振り込まれる金額が変わってきます。

よく問い合わせを受けますが、正社員は100%アルバイトは60%でもいいのか?と考える社長はいらっしゃるかと思います。
厳密にいうと問題になる場合はありますが、このように社員とアルバイトで支給率を変えることはできますが、助成金の申請の際は低い方で統一されます。
つまり会社に振り込まれる助成金の金額は正社員もアルバイトも60%支払ったとして額が計算されてしまいます。

もし差をつける場合はお気を付けください!

最後に

現在、雇用調整助成金の問い合わせが異常に増えております。
また、現在私は顧問先からのご依頼以外は雇用調整助成金の申請に関する業務はお断りさせていただいております。
私が代理申請を承ると、必ず報酬をいただきます。
その報酬が、この緊急事態の状況のなか、会社にとっては重荷になってしまうのでは?というのと現在問い合わせが多く、手が回らない状態になっております。

ただし、お問い合わせをいただいた場合はすべて無料にてご案内させていただいております。
もし、この助成金についてわからないことがある場合はお気軽にお問い合わせください。
先ほども記載しましたが、代理申請のご依頼はお断りさせていただいておりますが、ご相談やご案内、ご不明点のご説明などは無料にて承ります。
もし、この助成金を使用し、休業などを行おうとする場合は是非ご相談ください!

順番にご対応させていただきますので、少々お時間をいただく場合もありますが、かならずご返信をいたします。
現在の状況下、従業員に関することでお困りのかたもぜひご相談下さい!!
※大変勝手ではございますが、現在お伺いさせていただくご相談は和光市、朝霞市、新座市、志木市、練馬区、板橋区のみとさせていただいております。

お問い合わせはこちらから
トップページへ戻る

お問い合わせ
048-464-3390
(受付/平日9:00~19:00)

メニュー

ページトップへ