埼玉県和光市の及川社会保険労務士事務所

テレワーク(在宅勤務)の注意点telework

近年、テレワークや在宅勤務を導入した会社さんは多いのではないでしょうか?
コロナウイルスの影響により、出勤や集団での勤務が難しい状況になったため
一時的に導入した制度だったが、実際に使ってみると生産性が落ちず
かえってコストダウンやストレスレスで快適な勤務になったなどの意見も出ました。
そのため、様々な会社が今回の騒動終息後もテレワークを中心とした勤務を続けることと
しております。
今回は、テレワークとは何なのか?導入するにあたり気を付けることは何なのか?
こういったことを開設させていただきます。

そもそもテレワークとは?

テレワークは新しい働き方の一つです。
簡単に説明をすると、会社に出社しないでで遠い場所(tele)で働く(work)ことを意味します。
これまでのように全員で同じ場所に出社し、まとまって勤務を行い、全員の働き方を管理しながら
成果を求める働き方ではない、新しい働き方だといえます。

ちなみに、在宅勤務は従業員の自宅やそれに準ずる場所にて勤務をするテレワークの一種となります。
テレワークは様々な形態があり、どれを導入するかも悩みどころの一つです。

テレワークのメリット、デメリット

多くの会社が試しで導入し、そのあとも続けるということはメリットがあったとのことです。
テレワークはどの様なメリットがあるのでしょうか?

オフィスの賃料や光熱水費がかなり抑えられます。

全員が同じ場所で集まって勤務する必要がないため、出勤しやすい場所に大きい面積のオフィスを
用意する必要がなくなります。
大きな部屋も必要ありませんので家賃や光熱水費もかからなくなります。

職場定着率の上昇

簡単に言いますと、退職が減ります。
職場における退陣のストレスがほぼなくなることと、自分の行った業務が単純にわかりやすいので
ストレスが減り、職場における定着率があがることが期待されます、

優秀な人材が入社しやすくなる

これまでの働き方に対する価値観が大きく変わり、テレワークという選択肢が生まれました。
そんな中、これまでよりワークライフバランスに重きを価値観が増えていくかと思いますが
そのような時代でも新入社員の応募が期待できると思います。

テレワークをすることに対するデメリットも実はあります。

仕事とプライベートの区別が難しい

自宅やそれに類する場所にて業務を行いますので、自分のプライベートと仕事の時間を区別する事が
難しい
場合があります。
テレワークを実施する場合には、この問題はクリアしなければならないものです。

労務管理が難しい

会社の目の届かないところで業務を行うのですから労働時間の正確な管理などは難しいかと思います。
難しいですが、会社が労務管理をしなくてもいいとはなりませんので、そこの対策が必須になります。

情報漏洩などの危険性がある

会社の情報を会社外に持ち出し、従業員にその管理を任せることと従業員の自宅のPCなどで
ウイルス感染などにより情報が流出してしまう危険性もあります。
そのようなリスクの対策も必要です。

テレワークの導入前にするべきこと

テレワークはメリットもデメリットもありますが、これからの新しい働き方です。
導入を検討する会社さんも多いかと思います。
ですが、導入の前にはしなければいけないことがたくさんあります。

働き方ルールの作成
費用負担のルールの作成
情報管理に関するルールの作成と教育

などなど、挙げだしたらきりがないほどです。

ですが、これからの働き方の一つであり、導入するメリットも大きくあります。
御社で必要がありましたら是非一度ご相談ください。
新しいルール導入のお手伝いをさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら!!
トップページへ戻る

お問い合わせ
048-464-3390
(受付/平日9:00~19:00)

メニュー

ページトップへ